19世紀イギリスの最も繁栄したといわれる時代を担った
ヴィクトリア女王は、美しく聡明で誰からも愛される存在でした。

洗練された優美な彼女のスタイルは人々の心をとりこにし、「ヴィクトリアン」という言葉と共に現代までに確実に受け継がれています。

純白のドレス、ブーケ、ウェディングケーキ、そしてハネムーンに至るまで現代のウェディングスタイルは、
実はすべてこのヴィクトリアの時代から始まったことなのです。






ヨーロッパ文化の息づくジャルダン ド ルセーヌを舞台に
全館をイングリッシュローズの甘い香りで包み

ヴィクトリア女王が好きだった小鳥の羽をあしらった
クロスやティーセット、招待状からはじまるたくさんのペーパーアイテム

特製シュガーケーキ、オリジナルカクテル、小菓子
すべてヴィクトリアン・ウェディングだけのために作りました

いにしえのヴィクトリア女王の気分で
優美に 心豊かに とびきりの舞台をつくります



ウェルカムボードにも
イングリッシュローズをあしらって

リボンと羽をあしらったゲストブック



オリジナルカクテルと
小菓子でゲストをお出迎え

上質シルクのルセーヌオリジナル
ウェディングドレス

女王の愛した純白のシュガーケーキ

当時、銀のティーポットは富の象徴といわれ、
貴重品であった砂糖を入れるためのシュガーポットの大きさを競いあったといいます。
また、ロスチャイルドバードスケールのティーセットには、 女王がなくしてしまったネックレスを木の枝にかけてくれた小鳥の絵柄が描かれています。 (どちらも当時の品、展示のみ)

小鳥の羽をモチーフにデザインされたペーパーアイテムは、すべてヴィクトリアンウェディングのためだけに作られたオリジナルデザイン。

招待状からはじまり、当日のペーパーアイテムはすべてコーディネートされています。

ペーパーデザイン (有)浦島弘二デザイン事務所

 全館コーディネート  山岡有子

 料飲コーディネート  石神和人

 衣装コーディネート  堀口健一


● ルセーヌ・ヴィクトリアン・ウェディング 50名様 ¥2,650,000

※ご衣裳、装花、お飲物、お写真などを すべて含んだ一式の価格となります

上記料金に含まれる内容
挙式料:牧師、聖歌隊、オルガン&オルガン奏者、装花、キャンドル
お料理:ヴィクトリアンウェディングスペシャルメニュー(15,000円、ウェルカム時の小菓子含む)
お飲物:ドリンクセット(ウェルカムオリジナルカクテル含む)
ケーキ:ヴィクトリアンウェディングスペシャルシュガーケーキ
ご衣裳:新郎新婦ご衣裳(当日の専属ヘアメイク、スタイリスト&アテンダー含む)
装花:メインテーブル、ゲストテーブル、ブーケ&ブートニア、ウェルカムボード&ウェルカムポジー
ペーパーアイテム:ご招待状、式次第、結婚証明書、ウェルカムボード、
 ゲストブック(おふたりの名前と記念日入り)、お席札、コースター、ペーパーナプキン、
 オールインワンセット(メニュー・シェフからのご挨拶・お席表・おふたりのプロフィール・
 おふたりからのご挨拶・新居住所、などが1冊に)、引出物袋(おふたりの名前とメッセージが入ったタグ付き)、
 オンネームシャンパングラス
結婚物語演出料:館貸切使用料(一棟)、山岡有子コーディネート料、館内装花、マイク等音響設備使用料、
 ピアノ&ピアノ奏者、オリジナル香水「ジュ・ム・スヴィアン」
お写真:スナップ(カメラマンの手焼きによるおふたりのポートレートアルバムをおつくりします)



*追加1名様 ¥23,000









































Copyright 2008 Jardin de LUSEINE. All rights reserved.